高嶺の花」タグアーカイブ

高嶺の花

高嶺の花

Pocket

石原さとみ主演の日テレドラマ「高嶺の花」。

野島伸司脚本のラブストーリー、2018年の作品。

放送時の視聴率は平均で10%ほどだったようで、大ヒットまでと言えない結果に酷評も多いドラマでした。

しかし!
私の大好きなドラマなんです。

「美女と野獣の超・格差恋愛!高嶺の花が地上に舞い下りたとき、二人はまさかの恋に落ちる…!」「怒濤の純愛エンターテインメント」なんてキャッチコピーがついていましたが、石原さとみと峯田和伸なので、美女はともかく野獣とは言い難いかな。

華道の名門「月島流」本家のご令嬢・月島もも(石原さとみ)は天才なのですが、自転車屋・風間直人(アダ名ぷーさん)(峯田和伸)もある意味天才なので、住む世界の違う「天才」と「天才」の純愛・恋物語、というのがピッタリのような気がします。

ドラマの評価は悪いものが目立ち、「簡単に好きになってリアリティーがない」とか「恋に落ちるまでの過程がご都合主義的」なんてのが多かったと思います。

でも、ちゃんとじっくり視れば、もも(石原さとみ)が商店街の自転車店ぷーさん(峯田和伸)を簡単に好きになったわけではなく、意識し始めるきっかけも、印象に残る台詞も、感情の揺れ動きも丁寧に描写されていたと思うのですが。

最近のSNSでの評価や批評に多いようですが、直接的な表現をしないとわかってもらえないというか、単純なストーリーじゃないと理解されない傾向にあるように思います。

行間を読むというのか、台詞にならない細かい演技をちゃんと見ていれば、ももがぷーさんに惚れていくのは「安易」でも「簡単」でもないことがわかってもらえるのではないでしょうか。

『結婚式当日に婚約者の浮気&妊娠を理由にドタキャンされ、精神的におかしくなり、自律神経の乱れから味覚臭覚を失っていた月島ももが、偶然出会った自転車屋ぷーさんとその仲間たちに自分をさらけ出し、結婚破断の経緯やストーカー行為による[つきまとい禁止命令]を出されたことなどを告白後、ぷーさん達と飲んで歌って大騒ぎで酔いつぶれ、ぷーさんの自転車屋兼自宅で目覚めた翌朝、味噌汁の匂いを嗅いだ瞬間に臭覚が戻っていることに気付き、味噌汁を少し口に含んだ時に味覚が戻っていることに気付く。』
こんなシーンがあったのですが、味覚臭覚が戻ったことは言葉にはしていないのです。

こんな感じで、全編を通して石原さとみの表情の変化だけで、自転車屋を好きになっていく過程がちゃんとわかると思うのですが。

野島伸司作品なので、「101回目のプロポーズに似たところがたくさんあります。

浅野温子と武田鉄矢。
石原さとみと峯田和伸。

設定からして、現代版101回目のプロポーズという感じです。

ラブコメディーっぽさもあるので、笑える台詞もチラホラと。

第2話の自転車屋で、月島ももが付き合うことを渋る風間直人に、「た~か~ね~の~花よ~!だけどいいじゃない、花の蜜を吸っていいのはキレイな蝶々だけじゃない、あんたのようなアブラムシやカナブンだって吸いに来ていいんだって!」と啖呵を切り、それでもウジウジしているプーさんにビンタを食らわして出ていってしまう。

このシーン、いつもリピートしています。

まっ、感想は人それぞれですからいいのですが、「101回目のプロポーズ」が好きな人には「高嶺の花」はハマると思います。

その他のキャストは、芳根京子・千葉雄大・三浦貴大・笛木優子・大貫勇輔・袴田吉彦・吉田ウーロン太・髙橋ひかる・城後光義・舘秀々輝・田畑志真・西原亜希・正司照枝・正司花江・香里奈・升毅・十朱幸代・戸田菜穂・小日向文世・他


Huluでお試しを使えば動画を無料で見られます。
hulu公式サイトはこちら