浜辺美波」タグアーカイブ

君の膵臓をたべたい

君の膵臓を食べたい 映画

Pocket

本当の題名は「君の膵臓をたべたい」で、漢字ではなくひらがなです。

浜辺美波ちゃんがカワイイ!というだけで見ると損をします。
ちゃんと観ましょう。奥深いです。

原作は、2016年「本屋大賞」第2位、「年間ベストセラー」総合5位・文芸書1位(トーハン調べ)、「TSUTAYA BOOKS 上半期ランキング総合部門」1位と高評価の「住野よる」の同名小説。

2017年公開 東宝映画
監督:月川 翔
脚本:吉田智子
主題歌:Mr.Children「himawari」
キャスト
山内桜良:浜辺美波
志賀春樹(学生時代):北村匠海
志賀春樹(12年後):小栗旬
滝本恭子(学生時代):大友花恋
滝本恭子(12年後):北川景子
宮田一晴(学生時代):矢本悠馬
宮田一晴(12年後):上地雄輔

第41回日本アカデミー賞
優秀作品賞
優秀脚本賞:吉田智子
新人俳優賞:浜辺美波、北村匠海
話題作品賞

実写映画は小説と違い、原作である高校生時代の12年後が描かれています。

あらすじ(東宝公式サイトから抜粋)
校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。
彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。
だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

↑↑これを読むと、病気にかかった余命わずかな少女と少年の物語という単純なストーリーだと思うかもしれません。

※以下ネタバレを含みます。

確かに単純といえば単純なんですが、深いところがたくさんあります。

「膵臓を食べたい」というタイトルは、作品を目立たせたいとか注目を引きたいという、奇をてらったものではなく、愛の言葉として使われていて、場面場面でいろいろな意味を持つキーワードなのです。

純愛物語なのに、「好きだ」とか「愛してる」とかは出てきません。

少女の死も、病死ではなく通り魔に殺されるという驚く結末。

少女の家族と少年以外は、クラスメイトも親友も、少女が病気に侵され余命わずかだったことを知らずに大人になっているのです。

そのことで、ラストの手紙がより深く染みてくるんですね。

この映画は、複数回観ることで、いろいろな発見があり、そして、より泣ける映画になっていると思います。

dTV、U-NEXTで定額見放題です。
今ならトライアル(お試し)期間で無料で鑑賞できます。
dTV「君の膵臓をたべたい」
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

dTV「君の膵臓をたべたい」 

私たちはどうかしている ドラマ

Pocket

日テレ「私たちはどうかしている」

横浜流星と浜辺美波のダブル主演ドラマです。

あらすじ(ネタバレなし)
5歳の七桜は、和菓子職人の母(中村ゆり)が創業400年の歴史を持つ和菓子屋「光月庵」に住み込みで働くことになり引っ越してきた。
そこには光月庵若旦那(鈴木伸之)の一人息子で、同じような年回りの椿がいた。
二人は仲良くなり、七桜は和菓子への才能が開花する。

ある日、若旦那が何者かに殺されていた。
椿の証言により七桜の母が逮捕されてしまう。

離れ離れになった二人は、15年の時を経て運命の再会を果たす。

椿(横浜流星)は自身の政略結婚を阻止するために、和菓子職人の七桜(浜辺美波)を幼なじみと気づかぬまま、再会したその日にプロポーズをした。

母の無実を証明するため光月庵に乗り込めるチャンスと、正体を隠したまま結婚を承諾する七桜。

結婚を阻止しようとする女将(観月ありさ)、椿を本当の孫ではないという大旦那(佐野史郎)、ドロドロのお家事情などの逆境の中、事件の真相にたどり着くことができるのか?

恋愛ありミステリーありのラブミステリー(恋愛ミステリー)です。

原作はこの漫画→安藤なつみ「私たちはどうかしている」なのですが、現在もBELOVEという講談社発行の女性向け漫画雑誌に連載中です。

なので、物語は続いているのです。

ドラマの最終回はどう終わるのでしょうか?

コミックを原作とした映画やドラマは多く、マンガを忠実に再現したものと、設定だけ同じで内容はオリジナルのものとに別れますが、「私たちはどうかしている」は、台詞まで同じ再現度です。

原作マンガは現在、とんでもない方向に流れているので、ドラマはどうなるのでしょうか?ハッピーエンドで終わってほしいのですが・・・。

見逃し配信はこちらで→hulu(フールー)公式ページ

日テレドラマお得意のアナザーストーリーがあります。
Huluオリジナルストーリー「女将の部屋
観月ありさ演じる光月庵の女将・高月今日子とはどんな人物なのか?どんな思惑を秘めているのか?手駒として使えそうな人物を自分の部屋に呼び寄せる・・・
おどろおどろしく妖艶さがにじみ出ている女将の策略が見えてくるかもしれないですね。
このアナザーストーリーが見れるのはフール-(hulu)だけなんです。

 

原作本→安藤なつみ・私たちはどうかしている(今なら1巻・2巻が無料で読めます)

私たちはどうかしている